ゲーム攻略からプログラミングまで、その時に思いついたことをだらだらと書き連ねていきます。

【レビュー】3DS THE LEGEND of LEGACY

2015.01.27 10:00 | コメント(0) | レビュー

review.jpg
images.jpg

スタッフが超豪華!

どうも、さつきさんオブレガシーです。
接木です。

今回は3DSソフトTHE LEGEND of LEGACYのレビューです。
THE LEGEND of LEGACY(れじぇんどおぶれがしい)
ジャンル:伊能忠敬RPG
開発元はキャトルコール
データイーストメタルマックス探偵 神宮寺~シリーズの開発元)。
ファンタジー感満載の周回RPG
主人公は未開の地を探険する冒険者。
島のどこかに眠る星杯を手に入れるために走り回る。
それぞれの思惑が交差し、利害の一致から共闘する冒険者たち。
出しぬいて星杯を手にするのは誰だ!
こんだけ集まるか!というレベルの豪華制作陣による完全新作RPG。
ドヤ顔。

システム全般

拠点は1つ。
街がポツンとある。
崖の上には王様が居て割と偉そうだよ。
アイテム買ったり売ったり、体力回復したり、パーティ編成したりは全部この街でやる。

基本的には、ほぼ更の地図をもらって、島の未開拓地を練り歩きます。
完成した地図は街で情報として高く売れるよ。
歩いては売り、歩いては売り・・・の繰り返し。

操作性については、クイックセーブがありがたい。
このゲームは技を覚えるのも、ステータスが上がるのもなので、
なんか覚えるたびにクイックセーブするといいと思います。
ちなみに「R+X」がショートカットとして割り当てられてます。

あとストレスを感じた点としては、

ダッシュできない

優雅にお散歩されてます。


ストーリー

星杯を探すのが大筋みたいだけど、今のところ関係ないかも。
それよりは各地に散らばってる精霊の力を解放する方が今のところ本業。
精霊はたぶん4匹いる。
まだ1匹しか見つかってないからストーリー的にも1/4くらいかな?


キャラクター

キャライラストは超綺麗。
そして実際のゲーム画面は超キュート。
個人的にこのデフォルメは大好きですね♪
フィルミア(後述)が可愛すぎてたまらない。
プレイアブルキャラは全部で7人。
なんか気づいたら街の中にいるので、話しかけたら仲間にできるよ。
最終的に全員使えるようになる。条件とかはよくわかんないけど。
ただ、主人公だけはパーティから外せない仕様なので、適当に決めると泣くハメになるかもw
キャラ名簡単紹介適職?
ミュルス精霊の声が聞こえる27歳。
少しこじらせたか。
短パンの27歳。
イメージだと素早そうだけど、どうなのかな?
初期のサポート値が高い。
ところでこのゲームのサポって薬箱開くだけじゃないの?
サポート
ビアンカ剣士。
なんでも記憶を失くしているらしい。
探さなきゃね。
体感だけどやたら覚醒する。
能力上がった時の喜び方が可愛い。
アタック
リベル狩人的な人。
チャラい。
初期体力がびっくりするほど低いので、
育つまではよくやられるかもしれない。
育ってもよくやられる。
アタック
サポート
ガーネット堅そうな騎士の方。
私はガード寄りに育ててしまったんだけど、
実際アタック向きなのかも。
ほら、騎士ってなんか堅そうじゃん
(FF、DQのパラディンのイメージ)。
アタック
ガード
オーウェン強そう。
自分を男爵と名乗っちゃう痛い人。
ジャガイモかな?
体力がモリモリ上がるイメージ。
頭まで筋肉でできてるかと思いきや、割と冷静だったりする。
加齢臭強そう。
ガード
フィルミア癒し要因
可愛すぎてヤバい。
能力的にも万能な感じ。
アタックかガードがいいかな?
対応が超紳士。
アタック
ガード
エロイーズエロいおねいさん。いぢめる?
なんだかのっぴきならぬ事情がある模様。
私の主人公です。
能力的にはサポート寄りなんだけど、今日も元気に殴ってます。
アタック
サポート
うん、好き放題書いたけど、最終的には自分の好きなメンツでいいと思う。
詳細は次の「戦闘システム」で。


戦闘システム

シンボルエンカウントです。
戦闘方式はターン制で、素早い人から動く感じ。
こちらのメンバーは最大3人。
あちらさんは6匹とかたくさん。
この辺はWIZっぽいよね。
隊列を組むことができて、前列と後列に分かれる。
前列は狙われやすく、後列は狙われにくい。
ひょっとしたら隊列によって命中率やダメージ補正なんかもあるかも。
役割はポジションとよばれ、それぞれ特性がある。

代表的なポジション

ポジション名簡単な説明。隊列
アタック攻撃主体のポジション。
攻撃力が上がる。
前列
サポート支援役ポジション。
回復や味方へのバフの効果が上がる。
ちょっと素早くなる。
後列
ガード肉壁。
ガード時のダメージが減少する。
前列
ポジションはいろんな人から教わって増えていくみたい。

あとこのゲームは戦闘中にやられると行動不能になる。
まあどのゲームでもそうですね。
このゲームにはザオリクレイズのような復活呪文はなし。
HPが0になっても普通に回復できる
ただし、倒れるたびに最大HPが減る
リベルくんが一時期HP30以下で戦ってたことがありました。
回復方法はアイテムか、町の宿屋に泊まるかです。

ゆうべ は おたのしみ でしたね

あと受けたダメージは次の戦闘には持ち越されない
残りHP3でも勝てばよかろうなのだ。

ただし、全滅すると直前にセーブした場所までロールバックする。
クイックセーブ大事。
こまめにしよう。

精霊術について

これは私もハマった。
なんか石もらった!わーい!

使う

不発

(´・ω・`)?

精霊術には正しい使い方がありますw
  1. 歌声のかけらを使って、「大いなる呼び声」で精霊を呼び出す。
  2. 呼び出した精霊の属性と同じ精霊術が使える。
一切説明が無かったと記憶してます。
チュートリアルってめんどくさいけど、無いと困るもんなんだなと思いました。


全体的な評価

かなり面白い。
シンプルなつくりだし、クイックセーブのおかげで短時間でも遊べる。
すれ違い通信は今のところどういう効果が出てるのかは不明。
戦闘も適度に難易度高いし、自由度もいい感じ。
(サガ勢はヌルいとおっしゃるが。)
私はサガやってないので、結構戦闘が新感覚。
なんだろう。
戦闘終ってもなんの成果もあげられませんでしたあ!が頻発するので、
その辺ちょっとムズムズw
そこらの雑魚でも数の暴力でやられたりするので、長く楽しめそうです。
今のところ20時間(寝落ち含む)ほどプレイしてますが、
たぶんストーリー自体はほとんど進んでないw
なので正直ボリュームについては未知数ですが、かなり長く遊べるんじゃないでしょうか?
ただ、ほぼすべてに運要素が絡むので、ココは好き嫌いが分かれるかも。
以上、簡単なレビューでした♪
レビューの記事

コメント

まだコメントがありません...(´・ω・`)