ゲーム攻略からプログラミングまで、その時に思いついたことをだらだらと書き連ねていきます。

【レビュー】『Story Seller Annex』

2015.02.23 18:24 | コメント(0) | 読書感想文

book.jpg
このシリーズ大好き

どうも、さつきさんAnnexです。

Story Sellerシリーズの第4弾。
人気作家さんが勢ぞろいですね。
現在有川浩さんの三匹のおっさんふたたびを読んでいますが、
先にこっちを読み終えてしまいましたw

Story Sellerシリーズ
著名作家さんが描く短編集。
オムニバス形式で展開される。
作家さん毎に表現が違ったり、テーマが違ったり。数十ページごとに新しい世界が開けるとても楽しい1冊。

お話リスト

今回はあらすじなどが書けないので、
収録されているお話のタイトルと作家さんのお名前(敬称略)を載せておきますね。
『暗がりの子供』 - 道尾秀介
小さな子どもに妹ができるお話。
代表作は『向日葵の咲かない夏』や『カラスの親指』など。
『トゥラーダ』 - 近藤史恵
自転車レースのお話。
代表作は『凍える島』や『サクリファイス』など。
『R-18-二次元規制についてとある出版関係者たちとの雑談』 - 有川浩
表題通り、二次元規制に対する意見交換のお話。
代表作は『図書館戦争』や『阪急電車』など。
『万灯』 - 米澤穂信
海外インフラ事業のお話。
代表作は『氷菓』などの古典部シリーズ
『ジョン・ファウルズを探して』 - 恩田陸
自身が行ったインタビューを元にした随筆。
代表作は『夜のピクニック』や『悪夢ちゃん』など。
『約束』 - 湊かなえ
遠い異国の地で活動する主人公と、主人公を取り巻く環境のお話。
代表作は『告白』や『Nのために』など。


感想(ネタバレあり)

ここからは、本編の内容に触れます。
未読の方はお読みにならないことを強くお勧めします。
→ネタバレを了承し、続きを読む


あとがき

Story Sellerの魅力は2つだと思います。
  1. まだ見ぬ作家さんとの出会い
  2. 好きな作家さんの単行本化されていないお話との出会い
1.の方は道尾秀介さんと出会えたのは大きな収穫かもしれません。
ただ、私が絶賛して妹に話したところ、妹は『向日葵が咲かない夏』を読んで苦手意識を持ったとのこと。
私が森見さんや湊さんが苦手なのと同じように、人によって作家さん、作品の好みは分かれますよね。
あとは恩田さんのように、作品ごとに好き嫌いが分かれる作者さんもいますね。
『夜のピクニック』は好きなんだけどなあ。
今回のStory Sellerは私としてはそこまでおすすめはできないかなあ。
ただ、最初の1話だけは読んでほしい!
今回はこんな感じです。
お粗末さまでした。
読書感想文の記事

コメント

まだコメントがありません...(´・ω・`)