ゲーム攻略からプログラミングまで、その時に思いついたことをだらだらと書き連ねていきます。

【レビュー】『木暮荘物語』 三浦しをん

2015.02.05 10:00 | コメント(0) | 読書感想文

book.jpg
変態ばっか!



どうも、さつきさんです。
この度「読書感想文」カテゴリを作ってみました。
もともと小説を読むのが好きだったのですが、ここ2年ほどあまり読めてない状態でした。
昨年末に引っ越したことで通勤時間が大幅に延びたので、読書も再開。
少しずつ紹介出来たらな、と思います。

さて、記念すべき第1回は三浦しをんさんの木暮荘物語です。
友人に勧められて今作品で初めて触れる方なので、聞きかじった印象となります。
三浦しをん
小説家・随筆家。
『まほろ駅前~』シリーズや『舟を編む』の著者。
世にあまり知られていないような職業を題材にすることもあり、ニッチなジャンルを好む印象。
有川浩さんが好き」と友人に伝えたところ、勧めてくれました。
まだよくわかりません。
これから作品を通じてお知り合いになっていきます♪

あらすじ

まずは作品の簡単な紹介。
木暮荘物語
学生時代から住み続けている女性、覗きが趣味の男性、
覗かれていてることに気付きながらも変わりなく過ごす大学生、
ふとしたことをきっかけに性欲を持て余す大家・・・。
多種多様な人間模様が年期の入った『木暮荘』をベースに展開されていく

はい、こんな話です。
主観がどんどん変わっていく、オムニバス的な作品です。
各章が完全独立かと言うと、まったく独立した事象が展開していくわけでもないです。
ただ、オチですべてがひとつにというような内容ではありません。
いわゆる日常系。


感想(ネタバレなし)

とても読みやすい文章で、スラスラ読めてしまいます。
ページ数も多いわけではないので、ハマると読み終わるまでにそう時間はかからないと思います。

全体として『性』がテーマとなっているため、そういった描写も少なからずあります。
露骨な表現は無いにしろ、こうした描写や題材が苦手な方には少し辛いかもしれませんね。
冒頭のお話からアクセル全開で展開されます。
読者が思わず置いていかれそうなテンポw

三浦しをんさんの入門書としては・・・
他のメジャーどころから入ったほうがよさそうな気がしますw
これについては、私自身もまだ読み比べられてない状態なので、何とも言えません。
ただ、今の私のイメージは「三浦しをん=性欲の人」になっちゃってますw

登場人物のキャラが総じて濃いので、印象に強く残る作品だと思いました。
テーマを度外視すると、万人に受け入れられる作品じゃなかなあ。


感想(ネタバレあり)

ここからは、本編の内容に触れます。
未読の方はお読みにならないことを強くお勧めします。
→ネタバレを了承し、続きを読む
読書感想文の記事

コメント

まだコメントがありません...(´・ω・`)