ゲーム攻略からプログラミングまで、その時に思いついたことをだらだらと書き連ねていきます。

【レビュー】PS4 Monster Hunter World βテスト

2017.12.13 08:00 | コメント(0) | レビュー

mhw.jpg
日本語シャベッタアアアアアア

どうも、さつきさんβテストです。
試験的生物です。

さて、12/10から開始された期間限定のモンスターハンター ワールド(以下、MHW)を早速触ってみました。
今回はその感想を書いていきたいと思いますよ。

あくまでテスト版をプレイしての感想です。
製品版では仕様が異なる可能性があります。
また、製品版のレビューに関しては発売日(1/26 予定)以降に改めて投稿します。


Monster Hunter World(もんすたあはんたあわあるど)
ジャンル:ハンティングアクション
期待度:★★★★★
ハード:PS4
発売日:2018/1/26
CAPCOMの人気タイトル『モンスターハンター』シリーズ待望の最新作。
triから実に8年半ぶりの据え置き機での作品
従来の「モンハンらしさ」はそのままに、
携帯機ではどうしても物足りなかったグラフィック面に注力した作品。
まさにCAPCOMの本気が伺える作品。

クエスト

今回のテスト版では3つのクエストで遊ぶことが可能でした。
従来のテスト版と同じですね。
内容は以下の通り。
難易度ターゲットフィールド
初級ドスジャグラス古代樹の森
中級ボルボロス大蟻塚の荒地
上級アンジャナフ古代樹の森
ボロス以外は新モンスターですね。
ボロスさんの安心感よ。
さつきさんもなんとか全難易度クリアをしましたので、少しずつ感想をば。
※ちなみに各クエストをクリアすると、製品版で使えるアイテムセットがもらえます。

ドスジャグラス

毛をまとったトカゲ。
立ち位置的にはドスジャギィみたいなものでしょうか。
見た目はロアルに似てるように思ったけど、たぶん色が同じだからだ。
攻撃が大振りで余裕で回避できる。
たまに膨れ上がる。
この辺はザボアさんに似てるね。

ボルボロス

いつもの人。
新モーションで尻尾振りが追加。
ボロスさんもきっと再会を喜んでるんだね。
起こった時に咆哮があるけど後ろ側に判定がないのは相変わらず。
今回は溜め突進の時に「ポーッ!!」とSLみたいな音がするように。
多分鼻くそ詰まってる(ピー)
尻尾とカツラは相変わらず取れる。

アンジャナフ

ユウティラヌスみたいなやつ。
わかんない人は検索してみてください。
怒ると羽が生える。あと鼻が膨らむ(プクッ)。
ガスバーナーみたいな直線ブレスが結構痛かった。
てっきり上級はネルギガンテが来るのかと思ってたので少し戸惑う。
どの辺の敵なんだろう。
レイアくらい?

ターゲットについて

過去作ではエリアチェンジするとターゲットから発見されなくなりましたが、
今作はエリアの概念が無いため、一定以上の距離を取れば警戒を解くことができます。
また、ターゲットや攻撃的なモンスターに発見されない限り、フィールド内でのスタミナは無限です。
ランスの突進も減りません。ずっと走ってます。
ヌヌの鬼神乱舞はどうなんだろうね。
でも何もいないところでブンブン振り回してるやつは割と危ないと思います。
あと今作でもタゲカメは有効。
ホーミング生肉さんこと、アプケロスのような小物にも標的を合わすことができました。誰得。


システム

フィールド

事前情報で既に出ていますが、今作での一番の変更点はシームレスなフィールドでしょう。
過去作ではフィールド内でエリアが別れていましたが、
今作ではエリアの概念はなくONE FIELD(ひとつなぎのフィールド)です。
すべてをそこにおいてきた。さがせ。
※タイトルからオープンワールドを想像しがちですが、
一般的に言われているオープンワールドとは少し違います。
広義で言えばこれもオープンワールドなのかもしれない。定義が不明。

このシームレスマップですが、実際プレイしてみると存外違和感なく遊べました。
それよりもマップが従来よりかなり広くなっているので、
迷子気質なさつきさんはこっちのほうが心配です。
今作のフィールドにも高低差の概念がありますが、
MH4のような謎視点に陥ったり、段差にハマるようなことはありませんでした。
これも高評価なポイントですね。
ココが気になるテスト版では事前情報にあった「救難信号」が試せませんでした。
他のハンターさんがどんな形で現れるのか見てみたかったのですが...。
あと、ペイントボールが廃止となり、導虫を頼りにターゲットを探すのですが、
この導虫が思ってた以上に見辛い
迷子気質なさつきさんには致命的です。

BC(ベースキャンプ)

今回はクエスト開始時のBCが複数ポイントから選べます。
また、クエスト中に倒れた場合は最寄りのBCから復活する親切設計。
BCでは装備の変更や食事を摂ることができます。
これはなかなか画期的ですね。
あ、ご飯忘れた!」がなくなるのはいいことだ。
ただ食事処に1個だけ切り株混ぜ込むのやめい
ココが気になるテスト版ではクエスト選択時に既に複数のBCがありましたが、これはテスト版だからなのかな?
それともフィールドごとにスポーン位置が固定なのでしょうか。
事前情報ではBCをプレイヤーが設置できるとあったような気がしたけど...。

マルチプレイ

なんと今回のテスト版ではマルチプレイも可能でした。
なので2日目以降はフレとずっとマルチで遊んでました。
というのも、初日は鯖が激混みでろくにマッチングできなかったのでw
ただ、2日目のゴールデンタイムに試しましたがなんの問題もなくプレイできました。
この辺の対応の速さは流石と言わざるをえない。
見てるか、Wild Card
今回はソロ向けのクエスト、いわゆる「村クエ」がなく、フルオンラインということもあり、
テスト版で鯖の負荷テストも兼ねていたように思います。
ココが気になる今回は最大4人のパーティ設定を行う形での募集でした。
何も設定を弄らずに募集すると野良さんがわっさり集まってくるようですが、
プライベート設定を有効にすることで、鍵付きの募集を行うことが可能でした。
テスト版のための簡易マッチング方法だとは思うのですが、
製品版ではもう少しスムーズに募集がかけられることを期待しています。
製品版ではギルド集会所みたいなものがあるみたいなので大丈夫だとは思いますが少し不安...。
それと地味に嫌だったのが、準備画面で他のハンターが装備している武器種が見えないこと。
せめて名前の横に武器アイコンがほしかったなあ。

チャット

MH4からあるオートワード(特定の行動・状態時に予め設定している定型文を自動で発言する)
機能はありました。
また何かネタをしこもう。
「このハゲェーーーー!!」は割りと面白そうですが、発売日にはとっくに旬を過ぎてますね。
クエスト中のチャットはそういえば試してなかったなあ。
たぶんタッチパッド叩いたらチャット入力可能かと。
野良さんとやる機会もありそうなので、いよいよPS4にもキーボード繋がんとあかんなあ。
ちなみにフレとはVCでした。
これも他のゲームと同じで、パーティを作成しているとパーティ内の音声が優先されます。
パーティ未作成だとクエスト参加者の声が聞こえる形になるのだと思います。
ココが気になるチャットで使えるスタンプが絶望的に可愛くないのですが。
これはぜひとも改善していただきたい。


装備

※武器についてはこちらの別項目で書いてます。

防具

防具は事前情報通り剣士/ガンナー共通でした。
でも同じ装備しててもガンナーのほうが死にやすい印象でした。
なんだろう、防具係数みたいなものが追加されてるのかな。
あとお守りも確認。
炭鉱夫の仕事はまだ終わらない

スキル

スキル系統については、少し変わってました。
今までと同じ点としては、各部位ごとにスキルがついているということ。
今までと違う点は、スキルポイントではなく、スキル自体がついていること。
この変更から、「あー、回避1ポイント足りない!」がなくなりました。
また、スキル名にも変更があり、全てが統一されました。
例)
従来 → 攻撃力UP【大】
今作 → 攻撃 Lv3
見やすくなった反面少し寂しい気も。
ココが気になるテスト版ではマイナススキルを確認できませんでした。
また、一部位に複数のスキルも確認できませんでした。
スキルについてもどれくらい種類があるか気になりますが、これは製品版のお楽しみですね。
あと装飾品はどうなんでしょうね。これも確認できず。
あってくれたほうが嬉しいけどスキル過多になる気も。


武器

序盤でも書いたとおり、武器の操作性は相変わらずのモンハンでした。
新しいモーションの追加などもありました。
ただ、従来のR1操作が軒並みR2に変わっています
コレになれるまでしばらくかかりそう...。
長くなりそうだけど、全武器種ざっくり書いてみますね。ごめんね。

大剣

いっつもどおり。
横ペチもあるし強溜め斬りもある。
注目の新モーションは真・貯め斬り
強溜め斬りの約倍のダメージですが、入力時の方向入力が非常にシビア
あとかなり前に踏み込んでから当たるので感覚つかむまではよくスカる。

太刀

練気ゲージの仕様はMHXと同じ。
練気MAX補正は試すの忘れてた。
無いような気がする。
注目モーションは牙突。
バシュッて飛んでドーン(あばうと)

片手剣

印象はMHFの嵐の型の片手。
凶悪なシールドバッシュは健在。
△三段目は出すなよ、絶対にだ

双剣

ブンブン!ブンブン!

ハンマー

武器出し△が横殴りに。なんでや。
その代わり○が餅つきに変更。
最大数(5回目)で強力なフィニッシュへ派生。
ただしスカるとその時点でコンボストップ+隙大。
スタンマークが見にくい。
あと、乗りで尻尾ザクザクしてたらハンマーで尻尾切れたんだけどどういう判定なんじゃろうか。

かりぴ

パリピがカリピでうぇーいwww
あ、そういうのいいです。
個人的に一番強化されたと思われる武器種
殴りのスタン値とモーション値に補正入ってない?
演奏の方法はMHX方式。もう2G仕様には戻れんよね。
あと演奏効果の重ねがけはもちろん、
1小節内に複数の演奏効果があった場合、
連続で演奏することですべての効果を一度に設定することができる。

例)
白 → 白 → 赤 → 赤と吹いた場合、
従来 → 攻撃UPのみ
今回 → 攻撃UP → 続けて演奏で自分強化が可能。
笛はやらんやろなあとおもってたけどまさかの候補です。

ランス

(´・ω・`)らんらんす
全体的にモーションが早くなってるし、ついに念願の前方ステップが実装。
素早いデブみたいになった。
ちなみに前方ステップありがたいんだけど、モーションがつまずいてるようにしか見えないw

ガンス

(´・ω・`)がんらんす
強いガンランスが戻って来たぞおおおおお!(乙事主)
ガンスにイカみたいな移動はいらなかったんです。
ガンスにHBとかいう斬れ味を犠牲にする必殺技なんていらなかったんです。
ガンスだけヒートゲージとかいう謎のハンデはいらなかったんです。
普通にしてりゃ強武器の部類ということをようやく分かってもらえたようで。
撃ち専?舐めんな

スラッシュアックス

ザシュ!ザシュッ!ガチャッ!
ガガガガガガガガガ!ドーン!
カチッ...ポンッ!


カメムシ

相変わらず使い方が謎の武器。
スタンも取れて尻尾も切れるが、今回ハンマーでも尻尾が切れたのでもうどうでもいいです
ビンの色が謎です。
助けて

糞虫

今作は空中特化型です。
地を這う虫はもはや地雷と言われるかもしれません。
今作の乗りはえらい時間がかかるので、過去作ほど乗りゲーにはならなさそう。
ハメとか効率と言うよりは部位破壊仕事人のポジションになりそうです。
あと虫と棒がセパレート式になったので虫の付替えができるようになりました。
やるじゃん。

ライトボウガン

いつもどおり。
属性弾は今作は貫通。コレ重要。
特殊弾は地雷を設置するというもの。
まだあんまり有効活用できてない。
こういうのもなんだけど、テスト版触った感じだとヘビィにすべて持ってかれてる感がすごい。
ライトも片手みたいにアイテム使えても良かったんじゃない?
ココが気になる今作のボウガンはtriと同じでパーツ式と聞いていたのじゃが。
この辺の変更については触れなかったなあ。
ミドルボウガンというナイスミドルな存在はいるんでしょうか。

ヘベェ

なぜかこれだけボックスに2個放り込まれてた。
2個あるなら片方はロングバレルにしてほしかったでよ。
1つはマシンガンのように連射する特殊弾。
もう1つは伏せ撃ち。
伏せ撃ちになんの意味があるのかは謎だけど、名前からしてヘイトがたまりにくいとかかね。
マシンガンはハメ殺しに流行りそう。

矢斬りがジャンプアクションでしか出なくなった(´・ω・`)
MHXではスタイルごとに曲射剛射を使い分けてたけど、今作は両方使える。
あとは竜の矢という新モーションもあり。
あ、この構え爆撃オーラだ!
エイム中に回避しながらチャージできるようになったりと、
操作になれるとずっと攻撃してられそうな感じ。
ココが気になる弓の立ち回りなんとかならんかね
PS4のコントローラのは位置では曲射の微調整が非常に難しい
アイテム操作方法をオプションから設定3に変えてもキー配置の問題で十字キーが触りづらい!
箱のコントローラ刺せませんかね?
最悪、マウサーになるぞ


キャラクター

テスト版ではキャラクリ不可と聞いていたのですが、
プリセットからの選択は可能に。
プリセットの時点でもう可愛い(*´ω`*)
イケメン?興味ねーな。
これでグデタマスーツに着彩で...いかん鼻血が。
あとパンツ超エロいの履いてるよ!
パンツ超エロいの履いてる!!
製品版ではかなり細かくキャラを作り込むことができるらしく、
ようやくナニシテモ=ゴリラから脱却しそうです。
さらにオプションで頭装備を常時非表示にできるので、
苦労して作った自分のカワイコチャンを見せびらかすことができます。
見てこのこ、可愛いでしょ?
奇形乙^^


まとめ

3日間しか触れなかったので、あまりじっくりというわけにも行きませんでしたが、
今回の出来はすごいぞ...。
キャラは可愛いし、フィールドはきれいだし。
操作が複雑になってたり、ガラッと変わってたら嫌だなあと思ってたけど、
すんなり間隔が取り戻せたし一安心。
ぶっちゃけ前情報が期待が高まる内容ばかりだったので、
今回のテスト版で「ああ、やっぱこんなもんか」とがっかりしてしまう不安がありましたが、
より期待が高まった形でした。
バグについても私がプレイした範囲ではありませんでした。
鯖が安定した2日目からはラグも処理落ちもなくすこぶる快適
一度だけ回線落ちで1人消えましたが、それくらいです。
テスト版での有名なバグ報告はこの方のものくらいでしょうか。
これ、PUBGやね(*´ω`*)
最近糞ゲーをやっていた反動もありますが、間違いなく良作になると思います。
とにかく発売日が楽しみですねー。
それではみなさん、製品版でお会いしましょう!
レビューの記事

コメント

まだコメントがありません...(´・ω・`)