ゲーム攻略からプログラミングまで、その時に思いついたことをだらだらと書き連ねていきます。

【iOS】10.1 リリースきた。

2016.10.25 14:08 | コメント(0) | iPhone

apple.jpg


「現金で」 (Apple Watchをかざしながら)

どうも、さつきさん(10.1)です。
小学4年生ですね。
おつむとしては妥当なところでしょうか。

さて、おおよその予想通り、iOSのアップデートが10/25に行われました。
このアップデートによりいよいよ日本でもApple Payが使用できるようになりました。
※Apple TV用のOSのアップデートも来てますが、私はFire TV派なのでわかりません。

私自身もまだ十分に理解していないので、一緒にお勉強していきましょう。
間違っている部分等があればコメント欄などで指摘いただければ幸いです。

あと、頭のなかにピコ太郎が住み着いた。
「ペ~イ、アッポー、アッポーペ~イ」

更新内容

まずは更新内容をざっくりおさらいしてみましょう。
  • 日本国内のApple Pay対応(提供)開始
  • iPhone 7 Plus向けにポートレートモードを追加
  • シャッター音無音化バグの修正
  • マップ.Appで乗り換え機能開始(東京・大阪のみ?)
  • メッセージ.Appのエフェクトなどを追加
  • その他細かい修正(ざっくり)
メッセージは別にどうでもいいや。
マップは今日の帰りにでも使ってみるとしましょう。
今日はお仕事でのお出かけはないし・・・(ウズ

シャッター音無音化バグ

もうコレバグじゃなくて仕様にしてよ。
人様に向けてシャッター切る時に音が出るのは良しとしよう。
ただ、スクショ撮るときまで音出す必要がどこにあるのさ。
ちなみに日本以外の地域では、マナーモードにするとシャッターの音もOFFになります。
iOS 10.0.3までは生きてるので、死んでもiOS10.1にはしません!
って言う人は下記サイトを参考にお試しを。
iOS10のスクリーンショットを無音化する新裏技が話題!

Apple Pay開始

はい、開始です。
やはり今回のアプデで一番の目玉はこれじゃないでしょうか。


Apple Payでできること

Apple Payが私達の生活のどこに影響するのか。
例えばコンビニにちょっくら買い物行った時に、
Apple Watchをかざしつつ「QUICPayで(ドヤァ」とか、
気に入った服屋さんで会計時に「iDで(ドヤァ」とか、
改札を通るときにさり気なくApple Watchをかざしつつ「(ドヤァ」とかができたりします。
要するにドヤ顔できます


どうすれば使える?

最新機種のiPhone 7 / 7 Plusおよび、Apple Watch Series 2で使用できます。
iPhone 6以下でも使用は可能ですが、使用範囲は対応しているApp内の決済のみで、
店頭での使用はできません。
(※iPhone 6以下でもApple Watch Series 2 をペアリングすると、
Apple Watchを用いて店頭決済は可能)

また、Apple Payを使用するためには、Wallet.Appにクレジットカードの登録が必須です。
が。
現状、登録できるカードと、できないカードがあるのでご注意ください。

VISAが使えない!?

んなわけあるか。
事の発端はAppleがカンファレンスで発表したこの画像。

確かにVISAのロゴが無い。
安心してください、対応してますよ。

対応カード一覧

こちら(Appleサポートページ)のページにある発行会社が発行したカードであれば、
Walletに追加できます。
登録したカードは「iD」か「QUICPay」のどちらかの決済方法に割り当てられます。

あとは決済方法に対応しているお店で決済が可能。
私も早速使ってみました。


交通機関での利用

現状、対応している交通機関・サービスはJR東日本のSuicaのみ
ICOCAPiTaPaは使用できません。
ただし、対応しているSuicaについてもオートチャージが可能なのはViewカードのみで、
Walletに登録したクレジットカードからオートチャージ・・・と言うのはできないようです。

西日本は死んだの?

いつから生きてると思ってたの?
ICOCAPiTaPa圏内はSuicaの相互利用圏内ですので、
Suicaユーザは関西で (ドヤァ してください。
ICOCAPiTaPaについては今のところ対応予定はないとしているため、望み薄なんでしょうか。
個人的にはポストペイ方式のPiTaPaが対応してくれるととてもありがたいのですが。

ちなみにカードを持っていなくても、SuicaアプリからSuicaカードをWalletに登録できるようです。

※iPhoneユーザは下記リンクから直接App Storeへつながります。たぶん。

ただ、普段関西の別のICカードで定期券を購入している場合、定期券を移すことができないので、
つまるところICカードをiPhone一つにまとめることは不可能かと思います。
やはり各社で対応してもらえるよう願うしか無いかな。


さてと

アップデートに関してはとりあえずこんな感じで。
さて、本題はここから。
脱獄

なんで今脱獄?

もともとiOS10がベータリリースされた時点から、
その界隈の方々は続々と脱獄を成功させていました。
じゃあ早くツールだしてよ!ということになるんですが、脱獄ツールをリリースしない理由は、
AppleがこのiOS10.1(日本でのApple Pay対応およびポートレートモード追加)
までのアップデートを予定していたからです。
せっかくリリースした脱獄ツールが短い期間で対策をされないように、
予定されているアップデートが終わるまでは静観・・・といったところでしょうか。
今回のアップデートでiOS10ベータ時代の脱獄に使用されていたexplitがまだ使えるようであれば、
脱獄ツールのリリースもそう遠くないかもしれません。

開発者の方に敬意を

早く出せよクソが。
とか言っちゃダメなんだぜ。
できない者が他力本願で偉そうにすな
かくいう私も心待ちにしています。
とか鼻の下とかとかを長く伸ばして待ってます。
今のところ何か動きそうな人はあまり見当たりませんが・・・。
iPhoneの記事

コメント

まだコメントがありません...(´・ω・`)